人と比べて落ち込んだり、イラついたり、自分に自信がなくなったり。そういう感情を無くしたいと思い始めたなら・・・。

人は、ついつい人と自分を比べてしまいます。しかし、中には人と比べないで
自分の進む道をまっしぐらに進んでいる人もいます。
その違いはどこから来るのでしょうね。

選ぶ 

人と比べている人は自分の何と相手の何を
比べているのでしょうか? 

それは

 

 

 

 

見えるものです。

 

要するに、
人の能力と自分の能力
人の行動と自分の行動
人の結果と自分の結果
人の環境と自分の環境

これら、目に見えるものを比べているんですね。

 
覚えがあるのではないでしょうか?

 

自分と人を比べがちな人は
自分自身の評価も能力・行動・結果・環境
で評価するんです。

チェック

だから、人と比べがちな人は人と比べて苦しくなる
&
自分の評価を目に見える
能力・行動・結果・環境だけで

評価をするので、苦しくなってしまう。

落ち込んでしまう。もう、やめる!

 

ってなってしまうんです。

 

では人と比べない人はまたは、比べたとしても

自分の心や行動などに影響を及ぼさない人は

どんな人なんでしょうか?

 

それは

 

見えないものを見ている人です。

 

寝転ぶ

自分自身の価値観
(何が大事?)

自分自身の信念
(望みは?想いは?)

自分自身の認識
(自分は何者?)

自分自身の使命
(誰のなんのためにするの?)

 

この目に見えないものを見ながら、これに従って
進んでいる人は、人と比べたりしません。

 

これらの目に見えないものは、
目に見える物より難しいと感じるはずです。

 

今すぐに言葉にできる人はほとんどいないでしょう。

 

企業にも、理念・ビジョンがあります。

この理念・ビジョンがない企業と
理念・ビジョンがある企業と
経常利益率を20年間にわたって調査したそうです。

 

理念・ビジョンがない企業の利益率は20年間で2.16%

理念・ビジョンがある企業の利益率は20年間で8.07%

20年間で4倍です。

目の前の儲けることばかりを追いかけているのではなく

理念・ビジョンに従って企業を発展させていく方が
はるかに結果が出るということです。

 

個人でも、大きな塊の企業でも

自分自身の価値観(企業)
(何が大事?)

自分自身の信念(企業)
(望みは?想いは?)

自分自身の認識(企業)
(自分は何者?)

自分自身の使命(企業)
(誰のなんのためにするの?)

は、結果を出すためにも必要なことなんですね。

 

目に見えるものだけで自分を評価するのではなく

 

目に見えるものだけを追いかけるのではなく、

本当に大切な目に見えないものを

改めて考えてみませんか?

 

 

この記事を書いた人