3つを意識し、女性は、「よくばりさん」に生きよう。

私自身がパワースポットになる

「あなたらしい理想の生き方」
を創り上げる

マインドアッププロデューサー
加藤朱実です。

 

「あなたらしい理想の生き方」
を歩むための、

マインド、思考、習慣、
コミュニケーション、
スピリチュアル
なお話をお伝えしていきます。

 

起業家、経営者、
子育て真っ最中のママ、
仕事にやりがいを求める
あなたへお届けします。

 ***********************************

悩みを整理し、
未来を創るファーストッセッション

マインドアップセッション
対面及びスカイプ

%%%_LINK_5604_%%%
1月枠募集開始します。
9日(月)~21日(土)の
10:00・13:00・16:00

ご希望の日時を3つ
お知らせください。

2月からは、セッションを
リニューアル致します。

 

カルテと潜在意識の絵を
書くワークは
セッションでは、
1月最後となります。

(プランニングに移行します)

カルテや絵を描くワークが
気になっていた方は
1月のセッションを
お申し込みくださいませ。

セッションで、この2つが
手に入るのはラストです。

 

お時間が合わない方は、
ご相談に応じますので、
ご連絡ください。

ご質問は、
map@test.localまで

カルテ

%%%_LINK_5604_%%%

 ***********************************

本日は、3つを意識し、
女性は、「よくばりさん」に生きよう。
 

シゴトを持つママは、とにかく忙しい。
シゴトしてなくたって、
小さな子供を持つママは忙しい。

 

だからって、
いろいろあきらめたくない。

 

やりたい事をあきらめるなんて、
そんな事できない。

 

やりたい事がまだ、見つからないけど、
何かしたいという気持ちで、
モヤモヤしている。

そんなママ達、多くいます。

 

子どもが小さいうちは、
子供だけを見て
あげなさいとか。

 

保育園、幼稚園に
いってからでも
いいじゃないとか。

お母さんらしくとか。

 

確かに、子供がいても、
働くママは増えたけど、

それでも、まだまだ、
言われる言葉です。

笑顔

キャビンアテンダントとして、
働いていたけれど、
子どもが出来て、
やめざるをえなかった。

 

教師として、働いてきたけれど、
時間の問題がクリアにならず、
教師として働くことをやめた。

 

などなど、
子供が出来た事で。
旦那さんの転勤で。
親の介護で。

 

そういう理由で、
ご主人は仕事をやめないけれど、
奥さんは、やめなきゃいけない。

 

まだまだ、あるあるな事柄です。

 

だが、しかし、
考え方ひとつで、
どうにでもなるのが

%LAST_NAME%さんの人生。

 

キャリアを積んできたけれど、
そのキャリアを積めないなら、
積み重ねてきた
キャリアの上に、
違う想いを積み重ねて
いけばいい。

 

女性の方が、融通が利く
という思考でいこう。

 

女性の方が、よくばりに
生きていける。

 

女性だからこそ、見えるもの
女性だからこそ、やれること

 

ママだから、気づくこと
ママだから、形になるもの

 

本当は、沢山あるはず。

マネジメントは、女性の方が、
向いている
とさえ、言われています。

 

忙しいから、あきらめる
のではなく、
時間を味方につけて、
よくばりに生きましょう。

 

料理も掃除も時短で進める。

必要なことと、必要でない事を
しっかり見極める。

子供との時間は、一番重要事項。

時間

%LAST_NAME%さんの
シゴトが順調に行っても、
子どもの成長が曲がって
しまったり、

旦那さんとの関係が
悪くなったりしたら、

本末転倒。

 

私がいう、よくばりさんは、
*楽しむ
*時間管理が出来る。
*優先順位をつけ、
確実にこなしていける。

 

そして、あきらめない。
 

こういう人の事です。

ママだからこそ、
こういうよくばりさんに
なって欲しいと思うのです。
 

想いはあるけど、
形になっていない。

そもそも、自分にできることが
わからない。

モヤモヤを整理整頓
していきませんか?

 

悩みを整理し、
未来を創るファーストッセッション

マインドアップセッション
対面及びスカイプ

 

お申し込みはこちら↓

%%%_LINK_5604_%%%

1月枠募集開始します。
9日(月)~21日(土)の
10:00・13:00・16:00

ご希望の日時を3つ
お知らせください。

メルマガ登録はこちらから↓

http://test.local/5habits-for-powerspot-text

この記事を書いた人