地鎮祭とは、土地の神様に礼を尽くすもの

家を建てる時、地鎮祭を行います。

なぜ行うのか、ご存知ですか?

 

”自分自身がパワースポットになる!”
「あなたらしい理想の生き方」を創りあげる
マインドアッププロデューサーの加藤朱実です。

 

家を建てる時は、土地を掘り起こします。
なので、地の神様に
「この土地を掘り起こしますよ。
土地の神様、しばらく騒がしく致しますが、よろしくお願いいたします。」

平たく言うと、こんな感じのご挨拶です。

%e5%9c%b0%e9%8e%ae%e7%a5%ad

祭壇には、清酒、洗米、塩、海の幸、山の幸などを備えます。

施主、その家族、工事関係者が玉串を奉奠し、工事の安全と守護を祈願します。

 

そのあと、直会(ナオライ)といって、
お供えしたものを神様と一緒に食します。

 

土地を掘り起こす時だけでなく、
例えば、部屋を増築する時も同じ考え方です。

庭の樹を掘り起こす時も同じ考え方です。

 

庭の樹を掘り起こす時は、その樹が、土地をさわって良い時期かどうかを見極め
掘り起こす前に、塩とお酒をまいてください。

そして、神様に「今から、土地を掘りますので、しばらくどいててくださいね」
と挨拶をします。

%e5%9c%b0%e9%8e%ae%e7%a5%ad3

我が家の場合、
お風呂場を変えることと、庭の樹(大きくなったものを5本)
を掘り返すことを同時期に行う予定でいました。

その時は、神主様にお越しいただき、一本の榊を用意し、
神棚に塩、洗米、お酒、海の物、山の物をお供えし、

(塩と洗米はいつも変えていますが)
祝詞をあげて頂きました。

 

 

神主様は、神棚の前で祝詞をあげ、その後、
お風呂場と庭でも、祝詞をあげて、又、最後に神棚の前で

祝詞を上げて、終了でした。

 

お供えしたものは、神主様と我が家で分けさせていただきました。

 

宗教や、土地柄でも違いがあると思いますが、
大切なのは、神様に日頃のお礼と、
今から何をするのかをお話しすることだと、

私は思っています。

 

人間だって、何の説明もなく、知らない人が家に上がり、
家の中をさわられるのは、嫌ですよね。(怒りますよね)

 

神様も同じですよ。

 

自分の都合のいい時(事)だけお願いして、後は知らんぷりって、
それはないさあ

 

と、想うのです。

 

 

マインドアップセッション
10月枠10名様
募集開始です。

 

この記事を書いた人