なりたいあなたになるために 人のふり見てわがふり直せ

人の事は良くわかるけど、自分の事となると・・・・。

起業家さんたちは、この言葉に重みを感じるのではありませんか?

私もそうなんですけどね。

 

”自分自身がパワースポットになる!”
「あなたらしい理想の生き方」を創りあげる
マインドアッププロデューサーの加藤朱実です。

 

 

働く女性デスク

人の事を見て、あんな風にはならない、なりたくないと想うことってありますよね。

どんな言葉を発している人を嫌だと思いますか?

どんな態度をしている人を嫌だと思いますか?

どんな姿をしている人を嫌だと思いますか?

まずは、自分が絶対になりたくない自分像を明確に描いてみてください。

 

私は、なりたい自分を描くという事のレッスンで、この人のようになりたいというイメージ像が出来ませんでした。

一人の人を選ぶことが出来ないのです。

 

なので、まずは、消去法でやつてみました(笑)

これも、年齢、性別、職業、立場などなどで、違いはあるし、容認できる範囲も違うんですけどね。

 

突然ですが。私が激怒したお話を(笑)

私はある方から、仕事をお願いされました。

コーチングの講義の仕事です。

その方は、仕事を立ち上げたばかりで、講師を探して見えました。

奥様が講師をしていましたが、手が欲しいとのことで、

もともと知り合いでもあったので、お声をかけて下さったようです。

私でお力になれるならという想いで、お引き受けいたしました。

 

が、しかし、

私は、パートナーのつもりでしたが、その方は、パートナーという考えではなかつたようです。

想いは、ことばや態度に表れるものですね。

コーチングという仕事を広めている社長が、この態度、この言葉。

驚きの何者でもなかつたです。

仕事をお断りしたことは、今でもよかったと思っています。

 

女性輝き

こういう仕事をしている人は、こうあって欲しいという想いがあります。

自分もまだまだ、死ぬまで学ぶ身。

大きなことを言えるような、出来た人間ではありませんが、努力はしているつもりです。

 

イメージコンサルタントやエステティシャンがめつちゃデブで、お顔も姿も整えていなかったら、その方から、商品を買いますか?

弁護士や社労士が、肘でもついて、見下した言い方で、「引き受けてやるよ」のような態度だったら、その方にお願いしますか?

人間性と、マナーと、そして、専門家であることがお願いする最低限の条件ではありませんか?

 

何が言いたいのかというと、

あなたが、他の方から必要とされたいのなら、あなた自身を整えていく必要があるということです。

 

態度、言葉、身なり 一度見直してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人